これで解決!ニキビ跡を消す方法とは?自宅で簡単にできる方法を紹介

しつこいニキビがやっと治ったと思ったら、お肌にくっきりと跡が残ってしまっていたという経験はありませんか?やっとニキビが落ち着いたとほっとする暇もなく、ニキビ跡に悩まされる方は多いものです。ニキビ跡があると、どうしても気分が下がってしまいますよね。ここでは、自宅で簡単にできるニキビ跡を消す方法を紹介します。

ニキビ跡の種類


ニキビ跡といっても、種類はさまざまです。まずは、ニキビ跡にどのような種類があるのかを見ていきましょう。

赤いニキビ跡

ニキビ跡が赤くなっている場合は、炎症後紅斑が起きているのかもしれません。炎症後紅斑とは、ニキビがあった場所に赤く跡が残ったものです。しばらくは目立つ赤みが続きますが、時間が経つにつれて自然と跡は消えていきます。

ニキビ跡が赤くなっていると「跡が残ってしまった」と落ち込みがちですが、実は赤みがある部分はお肌が修復されている証拠でもあるのです。

ダメージを受けた組織を修復するために血管が開いて赤く見えていることがあります。修復が終われば自然と開いていた血管が閉じるため、赤みは引いていくでしょう。

茶色いニキビ跡

シミのようなニキビ跡が残っている場合は、炎症を起こしてしまったニキビ跡が色素沈着していると考えられるでしょう。炎症が起こることでメラニン色素の生成が促進され、茶色く残ってしまうのです。

メラニン色素が原因のため、茶色いニキビ跡がある場合は美白ケアを行うことが重要となります。

盛り上がったニキビ跡

ニキビができたところが硬く盛り上がったようになることもあります。肥厚性瘢痕やケロイドと呼ばれることもあるものです。ニキビがあるところに刺激を与えたり紫外線が当たったりすることでなりやすいと言われています。

また、もともと肥厚性瘢痕やケロイドになりやすい体質の方がいることも特徴です。盛り上がったニキビ跡は残念ながらセルフケアできれいにすることは難しく、専門の治療を受けることになります。

クレーター状のニキビ跡

いわゆるクレーターと呼ばれるものは、ニキビの炎症が皮膚の深いところまで達し、組織が破壊されたものです。表皮を通り越して真皮にまで炎症が及んでいる状態で、時間が経ってもなかなか治りません。

そのため、クレーター状のニキビ跡もセルフケアで消すことは難しいと言われています。クレーターにならないようにケアしておくことが大切です。もしクレーターをすぐに改善したいのであれば、レーザー治療が有効なことがあります。

ニキビ跡になりやすいニキビとは


すべてのニキビが跡として残るわけではありません。炎症が強く起きていなければ、ニキビ跡にならずきれいに治ることがほとんどでしょう。一般に白ニキビと言われる状態であれば跡になることはあまりありません。

白ニキビは炎症がまだ起きておらず、皮脂が毛穴に詰まっているだけの状態だからです。しかし、これが炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビに発展すると、跡になる可能性が高くなります。

赤ニキビ

赤ニキビとは、炎症が起きた状態のニキビです。ニキビの原因となるアクネ菌は、毛穴に溜まっている皮脂をエサにしてどんどん増殖していきます。

増殖したアクネ菌が異物だと見なされると、アクネ菌を排除しようとする力が働き炎症が起きてしまうのです。炎症が起きることで赤みのあるニキビ跡やクレーターなどになる可能性があります。

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビがさらに悪化したものです。炎症がより強くなり、膿をもっています。膿が黄色い色をしているため、ニキビも黄色く見えるのです。

一気に炎症が広がりやすい状態のため、非常に跡が残りやすい状態だと言えるでしょう。炎症が深部まで達するとクレーター状になってしまうこともあります。

ニキビ跡になりやすい習慣


炎症の強いニキビができたからといって、すべての方で跡が残るわけではありません。体質によるものもありますが、日頃の生活習慣が跡になるかどうかを左右することもあるでしょう。

ニキビを潰す

多くの方がやってしまいがちなのが、ニキビを潰してしまうこと。ついつい触ったり潰したりしたくなるものの、自分で潰してしまうのはあまりおすすめできません。ニキビを潰すことで早く治るケースもありますが、潰し方を間違えるとかえってひどくなる場合があるのです。

潰したところから細菌が入って炎症を起こしてしまう可能性があります。ニキビを潰したい場合は衛生管理を行った状態で処置してくれる皮膚科を受診するのが無難です。

お肌に刺激を与える

お肌にはできるだけ刺激を与えないようにしましょう。ニキビが悪化して炎症が起こりやすくなるだけでなく、メラニン色素の生成が促進されてシミができやすくなるためです。

刺激を与えやすいシーンとしては、洗顔やメイク、スキンケアなどが挙げられます。洗顔時はゴシゴシこすらず泡でなでるように洗いましょう。メイクやスキンケアをするときもお肌をこすったり叩いたりしないよう気をつけます。

熱いお湯ですすぐ

洗顔後、熱いお湯ですすいでしまうとお肌が乾燥しやすくなります。汚れや皮脂がすっきり落ちるので爽快感はあるかもしれません。しかし、お肌が乾燥するとバリア機能が働きづらくなるため余計にニキビが悪化する可能性があります。

乾燥したお肌をうるおわせるために皮脂分泌が盛んになることもニキビ悪化の原因です。すすぐときはぬるま湯を使うようにしましょう。

自宅のケアでニキビ跡を消す方法


ニキビ跡のあるお肌を見ていると、気分が沈んでしまいますよね。盛り上がったりクレーター状になったりしているニキビ跡は、自宅で消すことが難しいと言われています。しかし、赤みがあったりシミのようになったりしているニキビ跡なら、自宅のケアでも消すことが可能です。

ケアを始めたからといってすぐに消すことができるわけではありませんが、ケアを続けることで確実に美肌に近づけるでしょう。

保湿をしっかり行う

ニキビ跡を消すためには、まず保湿が大切です。うるおいのないお肌はターンオーバーがきちんと働かないため、時間が経ってもなかなかニキビ跡が治りません。跡を消すためにも、毎日必ず十分な保湿を行いましょう。

一日に何度も保湿する必要はありませんが、お風呂の後はとくに乾燥しやすいので保湿をするようにしてください。お風呂からあがってできるだけすぐ保湿したほうが効果が高まると言われています。

紫外線対策を行う

紫外線は健康な肌にとってもさまざまな害をもたらすものです。ニキビ跡の上から紫外線を浴びると跡が残りやすくなります。跡を消すためには、外に出ない日も紫外線対策をするようにしましょう。紫外線は部屋のなかにも降り注いでいるので、毎日のケアが大切です。

バランスのよい食事を心がける

私たちのお肌は食べたものからできています。食生活が乱れるとお肌にも影響が出やすくなるので、バランスのよい食事を心がけてみてください。美肌ビタミンとも呼ばれるビタミンB2やB6、血行をよくして新陳代謝を促すビタミンEを摂りましょう。

ビタミンB2は鶏レバーや納豆、ビタミンB6はバナナやお米に含まれています。ビタミンEはかぼちゃやたらこに豊富です。

十分な睡眠を取る

睡眠中はお肌の新陳代謝をスムーズにするホルモンが多く分泌されると言われています。お肌の生まれ変わりを促進するためにも、十分な睡眠を取るように心がけてみてください。

朝起きたら日光を浴びる習慣をつけることで、睡眠をつかさどるメラトニンが分泌されてしっかり眠りやすくなります。

ニキビ跡を予防する方法


そもそもニキビ跡ができないようにすることも大切です。ニキビができたら、跡を消す方法に悩まないよう予防を行いましょう。

濃いメイクを避ける

ニキビができると、ついつい濃いメイクで隠したくなるかもしれません。しかし、分厚いメイクはニキビを悪化させる原因です。

メイクに含まれているオイルや雑菌がニキビを悪化させることがあります。メイクが毛穴に詰まることもニキビ悪化の原因となるため、できるだけ濃いメイクは避けましょう。

ニキビを潰さない

ニキビを潰すと指や爪に付着している菌が中に入り込み、余計に悪化することがあります。膿を出すことで治りが早くなるとも言われていますが、跡を予防したいのであれば潰さないようにしましょう。

また、ニキビが刺激を受けないよう髪の毛が当たらないようにしたり無意識に触ったりしないことも大切です。

肌荒れ予防効果のある化粧品を使う

ニキビが跡になるのは、強い炎症が起こることが大きく関係しています。炎症を防ぐために、肌荒れ予防のある化粧品を使うのもおすすめです。グリチルリチン酸やツボクサエキスなどが肌荒れを予防できる成分です。

まとめ

ニキビ跡を消すためには、保湿や紫外線対策をすることが大切です。とくに保湿は、お肌のバリア機能を正常にするためには欠かせません。ニキビがあると保湿を怠りがちですが、お肌が乾燥するとかえってニキビの悪化につながります。

油分の少ない化粧品を使ってしっかり保湿してあげてください。ニキビ跡を予防するためには、ニキビを潰さないようにしたり肌荒れ予防のある化粧品を使ったりすることも効果的です。

この記事を書いた人

     

岡本 妃香里

美容ライター OTC医薬品薬剤師
ecliss協力部門:ビューティートピックス

経歴:
2008年 崇城大学 薬学部薬学科 入学
2014年 崇城大学 薬学部薬学科 修了
2014年 薬剤師免許 取得

その他資格:化粧品検定1級、スポーツファーマシスト

トップへ
戻る

商品を見る