敏感肌の方におすすめのクレンジング方法とは?選び方やポイントを解説

「クレンジングをするとお肌がつっぱってしまう」
「メイクをしっかり落とそうとするとお肌が乾燥してしまう」

敏感肌だと、クレンジングの度にお肌に負担がかかっているような気がしてしまいますよね。どのようなクレンジング方法ならお肌に負担をかけずにメイクを落とすことができるのでしょうか。

今回はクレンジングを選ぶときのポイントや敏感肌の方におすすめのクレンジング方法を紹介します。

敏感肌の方はどれを使うべき?クレンジングの種類


クレンジングにはいくつか種類があります。種類によってクレンジング力が違うため、メイクの濃さやお肌の乾燥しやしさに合わせて選ぶことが大切です。一般にクレンジングは、油分が多いほどメイクや皮脂を落とす力が強くなります。お肌を守るために必要な皮脂まで取り除くと肌荒れや乾燥を招くため注意しましょう。

これから紹介するクレンジングのなかでも、敏感肌の方が使いやすいのはミルククレンジングやクレンジングバーム、ジェルクレンジングです。それぞれ特徴が異なるので、自分に合うものをまずは見つけてみてください。

オイルクレンジング

いくつかあるクレンジングのなかでも、とくにメイクを落とす力が強いタイプです。素早くメイクと馴染み、短時間で落とせます。メイクをガッツリする方に向いているクレンジングだといえるでしょう。

ただし、しっかりメイクを落とせる一方で、お肌に必要な皮脂まで落としやすいのがデメリット。お肌が乾燥しやすい方にはあまり向いていません。

ミルククレンジング

水分ベースのクレンジングです。油分があまり含まれていないため、濃いメイクをしっかり落とすのは難しいかもしれません。しかし、お肌に馴染ませやすく刺激も少ないため、敏感肌の方にはおすすめのタイプです。軽いメイクのときはミルククレンジングでも十分でしょう。

しっかりメイクをしているときは、ミルククレンジングにプラスしてポイント用のメイクリムーバーを使うとお肌の負担を最小限に抑えながらメイクを落とせます。

水クレンジング

サラっとしたテクスチャーが特徴の水クレンジングは、ほかのクレンジングとは違い、拭き取って使うタイプのものです。コットンに水クレンジングを含ませてそのままメイクを拭き取ります。メイクをササッと落としたいときにその場ですぐに使える点が便利です。

しかしコットンを使って拭き取るため、人によっては摩擦が刺激となってしまう可能性があります。とくに敏感肌の方は刺激によって肌トラブルを起こしやすいため、頻繁に使うのはあまりおすすめできません。

ジェルクレンジング

ミルククレンジングよりもさらっとしたタイプで、ベタつくことなくメイクを落とせます。クレンジング力は中程度です。濃いメイクは落ちづらいこともありますが、簡単なメイクなら問題なく落とせるでしょう。種類によってはオイルの配合量が多いため、しっかりメイクを落とせるものもあります。

クレンジングバーム

まるでバターのように溶けながらお肌に馴染み、メイクを落としていくタイプのクレンジングです。何層にも重ねたファンデーションやガッツリアイメイクもしっかり落としてくれます。オイルクレンジングのように皮脂まで奪わないため、乾燥しやすい方でも使いやすいでしょう。

ただし、バームを取るときに手でそのまま触ってしまうと雑菌が繁殖しやすくなるため、スパチュラを使って取る必要があります。人によってはこの点がやや手間に感じるかもしれません。

クレンジングシート

クレンジングがあらかじめシートに染みこませてあるため、容器から取り出して拭き取るだけで簡単にメイクを落とせます。メイクを落とすためにわざわざ洗面台に行かなくてよいため、手軽にメイクを落としたい方に人気です。

しかし、シートでお肌を拭き取るため、どうしても摩擦が生じてしまいます。敏感肌の方にとっては摩擦が負担となってしまうこともあるでしょう。

アイメイクリムーバー

アイメイクを落とすためのクレンジングです。通常のクレンジングでは落としにくいウォータープルーフタイプのメイクもするすると落とせます。先にアイメイクリムーバーを使ってアイメイクを落とし、それからいつも通りのクレンジングをすることでお肌の負担を大きく減らせるでしょう。敏感肌でアイメイクをしっかりする方はぜひ持っておきたいアイテムです。

敏感肌の方におすすめのクレンジング方法


自分に合うクレンジングの種類を見つけても、誤ったクレンジング方法を行っていては結局お肌に負担をかけてしまいます。敏感肌の方にとってお肌への刺激は禁物。正しいクレンジング方法を押さえておきましょう。

ぬるま湯で予洗いする

クレンジングだけでメイクを落とそうとすると、どうしてもお肌を強くこすってしまいがちです。刺激を避けるためにも、クレンジングの前に予洗いすることをおすすめします。ぬるま湯で軽くメイクを落としてからクレンジングをしましょう。

こすらないようにクレンジングする

敏感肌の方にとって、お肌をこすることは大きな刺激となります。お肌に摩擦を生じてしまうので、こすらないようにクレンジングをしましょう。クレンジングを手に取り、できるだけ指がお肌に直接触れないように意識しながらメイクを落としていきます。

クレンジングは洗浄力が強すぎないものを選ぶ

クレンジングの種類によっては、洗浄力が強すぎてお肌を乾燥させてしまうものがあります。代表例がオイルクレンジングです。メイクはしっかり落とせるものの、お肌を守るために必要な皮脂まで一緒に落としてしまいます。お肌の乾燥はトラブルを引き起こしやすくなる元。乾燥しやすい方は、ミルククレンジングやジェルクレンジングなどを選んでみてください。

敏感肌の方がクレンジングするときのポイント


正しいクレンジング方法を実践することで、敏感肌の方でもお肌の負担を減らしながらメイクを落とすことができます。さらに次に紹介するポイントを押さえることで、お肌への負担を最小限に抑えることが可能です。

クレンジングは適量を使う

お肌への摩擦を減らすためには、適量のクレンジングを使うことが大切です。少なすぎるとメイクを落とすときに摩擦を生じてしまいます。メイクを落とすときにお肌をこすっている感じがしたら、クレンジングの量が少ない証拠です。こすってメイクを落とすのではなく、クレンジング料の力で落とすことを意識して使いましょう。

メイクや汚れとよく馴染ませる

メイクを落とすためについつい強くこすってしまう方が多いでしょう。しかし、メイクはこすらなくても落とすことができます。クレンジングをくるくると馴染ませメイクを浮かせるように意識してみてください。このとき、クレンジングの量が少ないとうまく馴染ませられないため、必ず適量を使うようにしましょう。

すすぐときはぬるま湯で

熱いお湯はお肌に刺激を与えるだけでなく、必要な皮脂まで取り除いてしまう原因です。すすぐときは必ずぬるま湯を使うようにします。冷たくもなく熱くもない温度が適温です。寒い季節はとくにお湯の温度を高く設定しがちなので、顔をすすぐ際は温度を下げるくせをつけましょう。

マスカラやリップは専用のクレンジングで落としておく

マスカラやリップは、洗浄力の強いクレンジングでもなかなか落ちないことがあります。ポイントメイクは専用のクレンジングを使うと簡単に落とすことが可能です。お肌をこすらずメイクをきれいに落とすためにも、マスカラやリップなど落ちにくいメイクは専用のクレンジングを使うようにしてみてください。

まとめ

クレンジングにはいろいろな種類があります。敏感肌の方が使いやすいのはミルククレンジングやジェルクレンジングなど、洗浄力が強すぎないものです。メイクをしっかり落としつつ、お肌を守るために必要な皮脂は残してくれるようなクレンジングが適しています。自分に合うクレンジングを見つけたら、お肌に負担をかけない方法でメイクを落としましょう。

ぬるま湯で予洗いし、できるだけお肌をこすらないようにメイクを落としていきます。すすぐときもぬるま湯を使用してください。マスカラやリップメイクをしているときは、専用のクレンジングを使うとお肌の負担を少なくできます。

この記事を書いた人

     

岡本 妃香里

美容ライター OTC医薬品薬剤師
ecliss協力部門:ビューティートピックス

経歴:
2008年 崇城大学 薬学部薬学科 入学
2014年 崇城大学 薬学部薬学科 修了
2014年 薬剤師免許 取得

その他資格:化粧品検定1級、スポーツファーマシスト

トップへ
戻る

商品を見る