乾燥対策で塗った保湿クリームがニキビの原因に?理由や対策方法を解説

とくに乾燥が原因で起こるニキビは、保湿が重要だとよく言われます。しかし、保湿のためにクリームを使うとかえってニキビが悪化してしまったという経験はありませんか?保湿をしたいのにニキビが悪化するからできない…とお悩みの方も多いでしょう。

そこで今回は、保湿クリームを使うとニキビができてしまう原因や、クリームでニキビができるのを防ぐ方法などを詳しく紹介します。

乾燥肌が原因でニキビができることがある


ニキビといえば、皮脂が過剰に分泌されてお肌がベタベタしている方ほどできやすい、というイメージをおもちの方が多いと思います。実際に皮脂はニキビの原因となるアクネ菌が増殖する原因となるため、ニキビができやすくなる要因となるでしょう。

しかし実は、逆にお肌が乾燥しすぎていてもニキビはできてしまうのです。

ターンオーバーが乱れている

お肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れやすくなります。その結果、古くなった角質が剥がれ落ちずに残っている状態が続くため、毛穴に蓋をされて皮脂が詰まりやすい状態になるのです。

行き場を失った皮脂がアクネ菌の増殖を招き、ニキビの原因となってしまいます。ターンオーバーの乱れによるニキビは思春期にできるニキビと区別して、大人ニキビと呼ぶことが一般的です。

バリア機能が低下している

お肌が乾燥している方は、バリア機能が低下している傾向にあります。というのも、バリア機能はお肌に水分がしっかりとないとうまく働いてくれないためです。とくにうるおい成分の一つ、セラミドが不足しているお肌は、バリア機能が乱れやすくなります。

セラミドは角質細胞と角質細胞をつなぎとめる成分です。このセラミドがなければ外部刺激に弱いお肌になってしまうのです。バリア機能が低下すると外部刺激を受けやすくなり、ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。

お肌の皮脂分泌量が過剰になる

お肌が乾燥した状態が続くと、皮脂の分泌量が増えます。これは、乾燥している状態をなんとかするために皮脂を多く出してお肌にうるおいを与えようとするためです。

一見すると皮脂量が多くベタついているため、お肌の乾燥に気がついていない方も多いでしょう。皮脂が増えると毛穴に詰まってアクネ菌が増殖しやすくなり、ニキビができやすい状態になります。

保湿クリームが原因でニキビになる原因


ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下などが原因で起こるニキビは、保湿をしっかりすることで予防や治療が可能です。しかし、保湿クリームを使い出してからニキビが悪化したと言われる方が少なくありません。

油分が多く含まれているから

保湿クリームは、乳液や美容液と比べて油分の割合が多くなっています。油分はアクネ菌が増殖するもととなるため、ニキビができやすくなってしまうでしょう。

乾燥が原因のニキビであれば保湿をしっかりすることが大切ですが、思春期ニキビの場合は保湿クリームの使用がニキビを悪化させてしまうことがあります。

肌に水分を補給できないから

クリームの種類にはよりますが、ものによってはお肌に蓋をするだけでうるおい成分を内部に届けられないものあるので注意しましょう。乾燥が原因のニキビは、油分だけではなく水分もバランスよく補えるクリームを使うことが大切です。

保湿クリームによるニキビを防ぐ方法

ニキビは悪化させたくないけど、保湿はしっかりしたい。このような場合はどうすればいいのでしょうか。実は保湿クリームもしっかりと種類を選べばニキビの原因になることはありません。

油分が少ないさっぱりしたクリームを使う

大事なのは、油分が少ない保湿クリームを使うことです。油分でお肌の表面に蓋をするものではなく、お肌の内部に水分を届けてくれる保湿クリームを使いましょう。ワセリンのように油分がメインのものは避けるようにしてください。

肌の奥まで保湿できる成分が入っているものを選ぶ

乾燥が原因で起こるニキビで大事なのは、お肌の奥にある角質層までうるおいを届けることです。お肌の奥まで水分を届けることで、過剰な皮脂の分泌を抑制したりバリア機能を高めたりする効果が期待できます。

具体的にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやスクワランなどの成分が入っているものを選びましょう。これらの成分が含まれており、使い心地がさっぱりしているものを使ってみてください。

保湿クリームが原因でニキビができたらどうすればいい?


すでに保湿クリームが原因でできたニキビに悩まされている方もいるかもしれません。そのような方は、次に挙げる方法を試してみてください。そうすることでニキビの悪化を防ぐことができるはずです。

保湿クリームの使用を止める

まず、原因となっている保湿クリームの使用を止めましょう。買ったばかりのものだともったいないと感じるかもしれませんが、きれいなお肌を守るためです。ニキビが落ち着いてきてからまた使い始めましょう。

保湿クリームの代わりにジェルや乳液を使う

保湿クリームだとどうしてもニキビができやすいという方もいるかもしれません。そのような方は、保湿クリームにこだわらずジェルや乳液を使って保湿を行ってみてください。ジェルはほとんどが水分でできているのでベタつきがなくおすすめです。

しかし、お肌がやや乾燥しやすくなるというデメリットもあるので、状態を見て使いましょう。乳液は油分と水分をほどよく含んでいることが特徴です。ジェルより油分が多く、保湿クリームより少ないため使いやすいでしょう。

化粧水での保湿を強化する

保湿クリームの使用にこだわらず、ほかのアイテムでしっかり保湿できるようにしてみるのも一つの方法です。保湿成分にはいろいろとありますが、バリア機能に深く関わっているセラミドが配合されたものが使いやすいでしょう。

化粧水はササッとつけるのではなく、お肌がひんやりするくらいまでしっかり馴染ませます。そうすることで、すみずみまでうるおいを届けることができるでしょう。もちろん、化粧水の後はジェルや乳液などで蓋をするようにしてください。

治らないときは薬を使う

どうしてもニキビが治らないときは、ニキビの治療薬を使ってみるのもよいでしょう。市販で購入できるものでもよいですし、皮膚科で処方してもらっても構いません。できれば皮膚科を受診するのがおすすめです。ニキビの原因にもとづいた薬を処方してもらえます。

まとめ

ニキビは乾燥が原因でもできます。その場合は保湿をすることが大事になりますが、人によっては保湿クリームの使用がかえってニキビを悪化させることがあるでしょう。そのようなときは、保湿クリームの使用をやめてジェルや乳液に切り替えてみてください。

化粧水をしっかり浸透させて水分を与えることも大切です。もしもニキビが長引くときは治療薬を使ってしっかり治してあげます。適切なケアをして、ニキビに悩まない素肌を手に入れましょう。

この記事を書いた人

     

岡本 妃香里

美容ライター OTC医薬品薬剤師
ecliss協力部門:ビューティートピックス

経歴:
2008年 崇城大学 薬学部薬学科 入学
2014年 崇城大学 薬学部薬学科 修了
2014年 薬剤師免許 取得

その他資格:化粧品検定1級、スポーツファーマシスト

トップへ
戻る

商品を見る